中学受験はした方がいいのだろうか

By
With
中学受験はした方がいいのだろうか はコメントを受け付けていません。

中学受験はした方がいいのだろうか

2月になると早々と学習塾では新学年の授業が開始されていきます。
その中で中学受験をどうするかまだ考えていなかったのに、周りがそのための塾に通い始め、仲良い親同士でも中学受験するなど聞いたこともなく、裏切らるた気分と焦る気分になる保護者の方がどれだけいるでしょうか。
その中で中学受験はした方がいいのかと悩むのが、1月から2月にかけての時期でしょう。
それを機に自分のお子さんを良く観察してみてください。

またご夫婦やご家族などでお子さんをどういう方向に導いていきたいか話し合ってみてください。
中学受験をするとなると、本人だけでなく家族の生活も変わります。

金銭面だけでなく精神面、時間の使い方が変わります。
小学3年生や4年生から家族で夕飯を食べる時間がなくなります。
就寝時間も遅くなります。
土日も遊んでいられなくなります。

仮に3年生からその生活をした場合、4年間それが続くのです。

人生のたった4年間我慢すれば後が楽になるかもと考えるのか、大切な子ども時代の4年間と考えるのかです。

周りに振り回されることなく、お子さんが何を求めているか、何が大切かをきちんと見極める良いチャンスと思い中学受験するかしないか考えて欲しく思います。

公立中学が一概に悪いとは言えません。もちろん公立高校もです。
逆に私立も偏差値で良し悪し決められるものではありません。

私立は独自の方針があるだけに、それを理解しないと中学受験をし入った効果成果は現れません。

本気で本人が私立の中学に行きたいと思えば、6年生になってからでも無理ではありません。

ご自分の目でよく調べ話し合い決めたことに間違いはないでしょう。
深呼吸してみると焦りが落ち着きます。