中学受験算数を楽しく勉強するコツとは

By
With
中学受験算数を楽しく勉強するコツとは はコメントを受け付けていません。

中学受験算数を楽しく勉強するコツとは

算数は公式を覚えて使い回して問題を解く方法で勉強しても楽しいわけがないです。
むしろ、遊び盛りの子供にとっては算数の勉強はつまらないどころか苦痛な存在です。
特に中学受験する場合は算数の成績を上げる事が重要です。
問題を解くときに、国語、社会、理科に比べて算数は暗記する事より閃きや発想力が必要です。
暗記はやる気と時間があれば誰でもある程度はできますが、閃きや発想力は身に付けるのは簡単ではありません。

難関校入試問題には沢山出題される応用問題を解くためには、暗記した公式を使い回しするだけでなく、閃きや発想力が必要不可欠です。
応用問題で閃きや発想力が必要になるのは算数だけでなく他の科目にも共通してます。
閃きや発想力を伸ばすコツは、暗記する時間を短縮して、目の前の問題を知識量がゼロの状態で答えの可能性をあるだけピックアップする事です。
暗記した知識を問題と照らし合わせるのではなく、問題の条件から答えの候補を分析する事が大切です。

その為には、算数の勉強を一時間やるときは、30分は算数の問題を解く、30分はパズルで遊ぶという時間配分がオススメです。
パズルは知識量がゼロでも閃きや発想力を駆使すれば超難問でも解けるので、算数の勉強には最適です。

パズルは雑誌に載っている紙とペンで遊べるものや、知恵の輪等様々な種類がありますが、パズルを用いた勉強を始めたての頃は、興味を持ってその場でやりたいものなら何でもよいです。

勉強方法に慣れてきたら、そのときに解いている問題と似てるジャンルのパズルを選べば良いです。

そして、閃きや発想力を鍛えるには、暗記する事が少なく閃きや発想力が必要になる科目、つまり算数が最適です。

算数の学力を伸ばせば他の科目の学力を伸ばす事に繋がります。