模試E判定でも医学科には現役合格できるんです

By
With
模試E判定でも医学科には現役合格できるんです はコメントを受け付けていません。

模試E判定でも医学科には現役合格できるんです

小学校5年生の頃から漠然と医師という仕事に憧れを抱いていて、高校1年生のとき自分の将来の夢を医師に決めました。
中高一貫校に通っていた私は、中高一貫校あるあるの中だるみに見事にはまっていました。

中3の時点での模試判定はC

勉強しないでCなら、本気で勉強すれば余裕で合格できるんじゃない?って思っていました。
いま思えばこのときの自分ほんとにアホだと思います笑。

当然、受験の世界はそんな甘いものではなく、高2のときに受けた浪人生を含む模試でE判定をとりました。
そのときやっと自分の考えの甘さと全国の受験生の強さを知りました。

医学部志望のくせに理数系が大の苦手。
そこを補強しなければ合格なんてできないのはわかっていました。

それでもできない問題にぶち当たると得意科目の文系教科に逃げたりしてました。
そんな生ぬるい勉強法で偏差値が上がるわけもなく、模試の度に合格が手に届かないような夢に変わっていきました。

いつものように模試でE判定をとり初めて涙を流したとき、
「なりたいものがあるっていうのは幸せなことなんよ。いまはすごくきついかもしれんけど、来年にはきっと笑えてるから。」って親に励まされました。

今まで我慢していたかのように涙があふれて止まりませんでした。
いっぱい泣いたおかげですっきりし、模試の判定なんて気にせずにただひたすらに勉強に打ち込みました。

特別な勉強法はありませんが、とにかくやる時はめちゃくちゃ集中する!
やる気が出ない時はやる気が出るまで暗記科目をする!って感じにしてました。

センター本試験の判定でも、第一志望校の判定はDでした。

あんまり驚きも落ち込みもしませんでした。
やれることはやったんだから、これで落ちたならもう1年頑張ろう、それくらいの気持ちで二次試験を受けにいきました。

それが逆に緊張をほどいてくれたのか、なんとか第一志望校に現役合格することができました。
よく「模試の判定なんてあくまで判定。気にすることなんてない。」って聞きますよね。

この言葉をほんとか?って思っている受験生、たくさんいると思います。
私も高2までそう思ってました。

でもこの言葉って本当なんだなって合格してみて心から信じることができるようになりました。
もし試験の結果や判定に悩んでいる受験生がいるなら、本当に気にしないでほしい。

ただひたすらに自分を信じて、できるところまでやってみてください。